読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(アメリカ大陸編)

アメリカ映画 ブラジル映画 映画祭

アジア地域から離れると、ガラリと雰囲気が変わります。

古き良きアメリカな雰囲気を味わえそうなアダム・レオン監督の作品と、ブラジルのマルコ・ドゥトラ監督。ブラジルは前年度『ニーゼ』がグランプリ受賞しています。今年はどんな映画を魅せてくれるのでしょう。

 

 

浮き草たち』。爽やかなテイストのアメリカ映画。

アメリカ映画と言えばハリウッドですが、残念ながら私はハリウッド映画に興味がありません。見る機会があれば多分見るし、見たら見たで面白がるだろうなと思います。でも、それより断然、B級映画とかインディーズ系の方に興味があります。

超メガヒット作でなくとも、アメリカには心温まる良作が多いんですよね。同じ監督の作品でなくとも、何となく雰囲気が似ているような気もします。『浮き草たち』にも何となくそんな匂いが感じられたので、秘かに期待していました。

悪くはない、良い映画でした。…ですが、私の大好きなリリ・リザ監督の『永遠探しの二日間』にあまりにも似ていました。『永遠…』も、男女が行動を共にするうちにお互いを知るようになり好きになる、というストーリーです。

国も違うし、全く同じシチュエーションではないので、違うといえば違うのですが、私は『永遠…』があまりにも好きすぎるため、比べてしまうと、やっぱリザ監督がいいなぁ、と思ってしまうのです。うぅ、何だかちょっと残念。

ただ、『浮き草たち』は、現代なのに簡単に連絡が取れない(繋がれない)というもどかしい設定をあえて作り出しているところなんかが、上手いなぁ…と思いました。今の若者にはどう写るのかな。我々中年の世代は、携帯すらない時代に青春を過ごしているので、「すぐには連絡が取れないけれど、抑えられない高ぶる気持ち」っていうのはきっと誰もが経験していて、めちゃくちゃ懐かしい感情なんです。

こんな風に昔を懐かしむ年頃になってしまったのかと思うと、それはそれで別の切なさを感じますが(涙…)、古き良きテイストを現代風に味わえたことは、喜ばしい体験なのでした。

 


『浮き草たち』 記者会見 “Tramps” Press Conference

 

 

空の沈黙』。怖い、でも観たい、ブラジル映画。

人は、空に対して憧れに似た良いイメージを持っているかもしれません。ですが…ふわふわしていませんよ、ブラジルは。何と言っても『シティ・オブ・ゴッド 』の国ですからね。しっかりと目を見開いて、現実を直視するイメージがあります。それにプラスして「沈黙」って…一体何が起きるのでしょう。怖い。

私はホラーが苦手なので、怖そうな映画は苦手だと思っているのですが、意外と大丈夫かもしれないことに最近気づきました。実は「怖い」ことに、結構興味があるみたいです。この世には、どれだけ知らない世界があるのでしょう。

知らない世界は知らない国の見知らぬ風景だけではありません。いつも一緒に暮らしている人のことを、私たちは意外と見ていないものです。知らない人に出会うと「もっと知りたい!」と思うのに、近くにいる人のことは、知ろうとしません。いつでも会えるし、いつでも聞けると思い、その機会を逃してしまうのです。

『空の沈黙』の夫婦も一緒に暮らしているのに、本音を語り合いません。困ったことが起きても、相手に隠して素知らぬふりをしています。そして、夫も妻も、互いに隠し事があり、第3者から見て「良い人」ではなかったりします。

一緒にいる人たちには本当のことがわかりません。そばにいるのに、見えていません。黙って見守るのは空だけ…(雷が鳴ることがあったような気がしますが★)

天の神様だけが見えている世界を、絶妙な演出でしっかりずっしり魅せる作品です。男と女の心理戦には怖さも感じますが、何も語り合わないのに何故か分かり合っている節もあったりで、夫婦の妙が味わい深いなぁと思います。人間って不思議…天の神様もそう思ってらっしゃるのではないでしょうか。

 

※映画祭前や開催期間中にはしっかり見られた動画がどんどん見られなくなってしまい、残念です。ブラジルの『空の沈黙』は会見の映像がありませんが、予告編はユーチューブで見られるようです。