読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinemarble

ミニシアター系映画の感想

神様なんかくそくらえ

アメリカ映画

2014|監督:ジョシュア・サフディ ベニー・サフディ|アメリカ・フランス


あなた以外は全部ゴミ。

監督は男性だが、恐ろしくリアルに表現されている女性心理にちょっとおののく。(…と言っても特殊層の話なので、全ての女性が共感するとも思えないけど…)イリヤにとって女の子は「嫉妬を腹いせに放り投げた時に目にした打ち上げ花火の綺麗さ」みたいなもので、ハーリーの感覚とは程遠い。彼女にとって愛は永遠なのに。イリヤの想像を絶するくらい、深い宇宙みたいなものなのに(冨田勲氏の音楽があまりにもハマり過ぎてゾクゾクする!)。男ってバカ! 何でわかんないの?!と思うんだけど、イリヤ系男子*1には何年かかって説明しても絶対に伝わらない。100万回死んでもらわないと多分無理。*2 そして悲しいかな、ハーリーもイリヤがそういう男だってわかってるんだよね…。でも、彼女はイリヤに他の女の子がいても、離れ離れになって会えなくなっちゃっても、あんまり関係ないと思う。だって他の男は全部ゴミなんだもん(極論です)。昔、渡辺淳一さんの短編とかでこういう想いを感じたことがあるなぁ。怖い。でも綺麗。

*1:全ての男子にこの傾向があるわけではありません

*2:「100万回生きたねこ」佐野洋子。イリヤとハーリーも魂のレヴェルが違うのでは…