読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinemarble

ミニシアター系映画の感想

ミルカ

インド映画

2013|監督:ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ|ヒンディー語


ミルカはゴール直前で振り返り、オリンピックでメダルを逃す。何故。

体や能力を鍛えることよりも、トラウマからの脱却の方が難しいと思う。誰でもある程度努力すれば結果が出せるはずだが、オリンピックに出るような選手はそこから先が本当の競技となる。それぞれ命をかけるような死に物狂いの気持ちで出場しているんだろうなぁ…と思うことはあるが、それは勝手な想像に過ぎず、個人的な詳しい経緯まではなかなかわからないものである。
この映画は「オリンピックに出たい理由&力をつけるまで」だけでも充分素晴らしい作品なのだが、さらに「戦争のトラウマ」と向き合う姿が描かれていることが驚きだった。私だったら肉親を殺された土地との親善試合など絶対出たくないし、行きたくもない。誰もがそう思うと思うが、そこを超えた彼がより強くなる、というところに強く胸打たれる。人生って本当に予測できないものだ。生き残っていた旧友がいなかったら彼はどうなっていただろうか。信じられないような悲しみや絶望を味わった人間もそれで終わりではなく、能力を鍛える努力を怠らず、トラウマを超える強さで人生を切り開くことができるのだ。力作。もう一度観たい。

広告を非表示にする