西遊記 〜はじまりのはじまり〜

2013|監督:チャウ・シンチー


「自分に足りない何か」を探す三蔵法師が、修行中に見つけたものと失ったもの。

奇想天外な仏教コメディで、めちゃくちゃ笑える。特にウケたのは、ラストの『Gメン'75』のテーマ曲が流れるところだ!中国人も『Gメン'75』を知っているのかどうかわからないけれど、昭和世代の日本人にとっては特別なドラマである。(人によるかもしれないが、私にとっては特に)悪を制して正義を貫くカッコよさは、幼心に耐え難いほどの憧れを植え付けた。保育園時代、ポーカーフェイスで一列に歩く彼らのハードボイルドな世界に、めちゃめちゃシビれまくっていたことを思い出す。(このドラマの熱烈なファンだったので、土曜の夜だけは遅くまで起きていることを許されていた)
コメディなのは百も承知だが、何故、中国映画でGメンのパロディが出てくるのか?!と思うと笑いが止まらない。それまでの展開も爆笑してきたのに、最後の このスカした感じ…面白すぎです。