読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うさぎとリザード

2009|監督:チュ・ジホン


バス事故で心の傷を負ったふたりの、記憶なき再会。

他の国に養子に出された子供が、実の親を探しに帰国する映画はたくさんあるが、この映画のよううに精神的に追い込まれて帰国するケースは少ないように思う。両親の死を知ってから、ソン・ユリはもう死んでもいいくらいに心に傷を負っているのだが、その理由がイマイチ不明。また、チャン・ヒョクの病気はバス事故とは直接関係ないような気がするのだが…?ただ、PTSDになるような個人の記憶というものはすごくデリケートな問題だし、この映画を作った事情もありそう。同じ事故に遭遇した生存者は、直接の知人でなくとも同志みたいな気持ちが生まれてくるのだろうな、と思ったりした。
ストーリーの深刻さからは話がズレるけれど、ジヒョンのいないところでチャ・テヒョンチャン・ヒョクが共演しているところがなんだか面白い。

広告を非表示にする