読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2046

2004|監督:ウォン・カーウァイ


失われた愛を求めて。

ウォン・カーウァイ監督の世界感満載。私はまだ『天使の涙』と『恋する惑星』しか観ていないが、それらの世界が一瞬にして蘇った。(トニーやフェイ・ウォンが出演者しているからかもしれない)
妖しい光の下で過去と未来がクロスオーバーするような期待通りのアーティスティックな映画である。だからアジア映画はやめられない、と思うし、この監督の作品には注目していきたいと改めて思う。だが、オサレではあるが、あまりにもアンニュイ。気力と体力のある時に観ないとちょっと長く感じるかも。


cinemarble.hatenablog.com

広告を非表示にする