読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinemarble

ミニシアター系映画の感想

夢売るふたり

日本映画

2012|監督:西川美和


妻は本当に結婚詐欺で夢を叶えようとしていたのだろうか。
詐欺を続けていればいつかはバレることくらい、あの賢い妻なら想定していたはず。妹を装っていればバレたとしても、逮捕は所詮夫のみ。人のいい夫なら捕まっても妻の名を出さないであろうことも多分読んでいた。警察の気配に気づいた瞬間逃走する彼女を見て、夫の逮捕も計算だったのかもと思った。これだからオンナは怖い。特に、真面目で気が利いて正しい人って、豹変した時が恐ろしい。
本音でぶつかり合わない日本的な薄ら寒さが超リアル。夫も妻の底意地の恐ろしさに気づいて逃げようとしていたのかも。


cinemarble.hatenablog.com
cinemarble.hatenablog.com

広告を非表示にする