読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinemarble

ミニシアター系映画の感想

いつだってやめられる

イタリア映画

2014|監督;シドニー・シビリア  

 

パンチの効いたコメディ風の仕上がりになっているが、基本ブラックユーモアなので笑っていいのか迷う。

生活できないのは仕事を選んでいるからだ、という人がよくいるが、自分に合った仕事を選べない状況の方が問題なのでは。人にはそれぞれ特性や向き不向きがあるわけで、類をみないような特殊な研究の第一人者がガソリンスタンド勤務とか皿洗いとか…生活費を稼ぐためとはいえ、そもそもおかしいのである。日本の実態も何となく近い気がして、笑うに笑えない。放置していたらこの映画みたいなことが起こるぞ!というイエローカード的なメッセージが感じられる。 

(2015 イタリア映画祭)