読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cinemarble

ミニシアター系映画の感想

教授とわたし、そして映画

韓国映画

2010|監督:ホン・サンス


ホン・サンス監督の映画は、日常を切り取ったような「あるある!」感満載の映画なので、力まず気楽に観られるところがいい。
すごく個人的な勝手な感覚なのだけど、この楽しみ(わくわく感)は、幼い頃に見ていたTVのドリフにちょっと似ている。展開が想像できて、思った通りに笑ってしまう、あの感じ。タライが落ちてきてひっくり返る…とか、「ちょっとだけよん」などのキメ台詞…。何度も見ているからこそ、「やっぱり!」と思う瞬間がたまらなく面白い。
ホン・サンス監督には申し訳ない気もするが、見れば見るほど私はこの感覚で笑ってしまうのだ。


cinemarble.hatenablog.com
cinemarble.hatenablog.com