ミナ文房具店

2013|監督:チョン・イクファン


韓国のちょっと昔を懐かしむような作品。『Allways 3丁目の夕日』を彷彿させるようなレトロな雰囲気だ。
幼い頃は理解できなかったこと(父親の愛情やお店への思い入れなど)が、様々な経験や出会いによってわかるようになり、生き方も変えるようになる、というお話。ほんわかほっこり系。
しかし、懐古モノにハマる日本人向けかな…という気もしないでもない。キャストのほとんどがあまりにも韓タメファンお馴染みのメンバーすぎる。また、地方の話なのに方言がないのも気になった。

広告を非表示にする