グァバの季節

2000|監督:ダン・ニャット・ミン


思い出を胸に生きることの大切さを噛みしめた作品。
夫に「思い出を忘れられないのが義兄の異常だ」と言われ、そうかしら?!と問いかけた女性がとても印象的だった。過去の家にこだわり続ける兄に腹をたてることもあったけれど、彼が過去を忘れてしまった時、彼女は泣き崩れた。兄を心配する気持ちが一番だったとは思うが、自分自身も昔住んでいた家にまつわる思い出を大切に思っていること、思い出にこだわる兄が好きだったことなど、色々な気持ちが溢れたのでは…。
障がい者が主人公だったのだが、とても自然で共感が持てる素晴らしい作品だった。


参考:cinemarble.hatenablog.com
cinemarble.hatenablog.com
cinemarble.hatenablog.com
cinemarble.hatenablog.com
(アジア映画)

広告を非表示にする