読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソハの地下水道

2011|監督:アグニシェカ・ホランド 「支援者」の心が強くなる理由とは。つらすぎるホロコーストストーリーにはどうしようもなく胸が痛むのだが、この映画はユダヤ人の姿だけを描いているのではない。ユダヤ人を支援した(かくまった)ポーランド人の男がメ…

オレはどこへ行く?

2015|監督:ジェンナーロ・ヌンツィアンテ 公務員、最高!公務員の特権(各種手当や休暇など)にこだわりを持ち、ずっとコネで役得を得てきた男がを自己都合退職を求められることに! 当然彼の答えはNo! …こんな風に書くとちょっと複雑で難しいストーリー…

すれ違いのダイアリーズ(再)

2014|監督:ニティワット・タラトーン あの人みたいになりたい。 映画×リアル私は非正規で働いているけれど、何故かチームに所属できないことが多く、多岐にわたる業務をひとりで引き受けざるを得ないことが多い。自分以外、上司はひとり。その上司は会議や…

占い師たち

2012|監督:シン・ジョンウォン シャーマンたちが悪霊と戦うホラー・コメディ。イ・ジェフン(建築学概論の青年)も出てるので、インディーズ系ではないとは思うんだけど(日本で公開されたのかも不明)、こういう隠れたB級に出会うと「よっしゃあ!」って…

郊遊〈ピクニック〉

2013|監督:ツァイ・ミンリャン|台湾、フランス 男の息子は、「ピクニック」というテーマの作文が書けない。行ったことのない場所のことはわからない。やったことのないことも、わからない。でも、人は未来を想像する。または、想像しようとする。でも、そ…

私の好きな曲

The Water is Wide (Scottish folk song) 期間限定とのことですが、しばらくは聴けると思います。曲もいいけど、演奏もいい。 心が空っぽになる。

イタリア映画祭 2016

イタリア映画祭は、毎年ゴールデンウィークにあるので存在を忘れることはないけれど、行けないことが多い。(残念ながらだいたい他の予定が入ってしまう)けれども、1本でも良いから、細くとも長く参加していきたいと思っている映画祭である。何故そこまでこ…

光の墓

2015|監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン 眠りつづける兵士のもとに、ボランティアの女性が訪れる。このところ残業が続いているため、週末は眠くてたまらない。家でDVDを観ると100パーセント途中で寝てしまうので、頑張って出かけてみるのだが、実はこ…

私を忘れないで

2012|監督:ダーフィット・ジーヴェキング アルツハイマーの母を見守る監督&家族のドキュメンタリー。母がメインとはいえ、この作品のテーマは「家族愛」のように思える。でも、肝心の「家族が団結する理由」や「母という人間(女性)のどんなところを愛し…

ウェディング・バンケット

1993|監督:アン・リー|台湾・アメリカ 両親の前だけは普通の結婚をしようとするけど、失敗。近年、性同一障害や同性愛者の映画が増えている。東京・渋谷区でも同性婚が認められたりして、彼らを社会的に認める方向になっているため、一般的にも認めざるを…

最高の花婿

2013|監督:フィリップ・ドゥ・ショーブロン どの国の人と結婚する?昔は海外に行く人もまだ少なくて「憧れのハワイ旅行」という歌が流行る位だったのに(…っていつの時代だ!)、気づくとグローバルだのワールドワイドだのという言葉が行き来するようにな…

阿賀の記憶

2004|監督:佐藤 真 時間が過ぎるということ。過ぎていくということ。白くて眩しい光のトンネルを越えるような、山道を車で走る序盤の映像があまりにも美しい。天国に続く道のようで、ワクワクする景色。知っている顔が時々見える。ああ、阿賀のおじいちゃ…

阿賀に生きる

1992|監督:佐藤 真 新潟水俣病の人々が、どういう日常を過ごして生きているのか。水俣病にかかってしまった人々が、国に難病認定してもらうために訴訟を起こして戦う映画だと勝手に思っていたけれど、全然違った。ドキュメンタリーといえば、社会的弱者達…

ロブスター

2015|監督:ヨルゴス・ランティモス|アイルランド,イギリス,ギリシャ,フランス,オランダ,アメリカ 独り身禁止。結婚相手を見つけられなかったら、人間界から追放。設定が奇天烈で超面白い。特に前半はブラックユーモアの嵐。相手を見つけられなかったら、…

タイピスト!

2012|監督:レジス・ソワンサル 彼女の特技はタイプライターの早打ち。師弟関係の映画、って昔から何故かスゴく好き。やっぱり人柄を尊敬できないとコーチについていけないと思うし、コーチの方も才能を見つけたならテンションが上がるだろうし…とか人間関…

サウルの息子

2015|監督:ネメシュ・ラースロー 息子を正式に弔いたくて、死に物狂いでラビを探す男。いつも通り事前に解説を読まずに観たので難しくなかったとは言わないけれど、そんなことはどうでもいいくらいにシンプルに伝えたいことを伝えていて、しかも、何となく…

ジョゼとピラール

2010|監督:ミゲル・ゴンサルヴェス・メンデス|ポルトガル、スペイン、ブラジル ポルトガルの作家、ジョゼ・サラマーゴと妻の日常(ドキュメンタリー)。人生も半ばを過ぎた頃から、この先希望がないなら早く死にたいと思ったりする。自殺する勇気はないけ…

複製された男

2013|監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ |カナダ、スペイン 私は事前に映画解説を読むのが好きではないので、情報なしで観てしまったのだが、やはりミステリ系は最初から「謎解きが必要」と身構えて観ないと、何のこっちゃになりかねない。一般的な米映画を観る…

犬どろぼう完全計画

2014|監督:キム・ソンホ 懸賞金目当てに犬を盗むことを企てる小学生。この映画はタイトルの面白さで絶対観たいと思った作品。韓国の子役は可愛い上に演技が上手いのでいつも驚くが、本作に登場する子たちも可愛すぎる! ただ、内容がねぇ…いいのかな、コレ…

無頼漢 乾いた罪

2015|監督:オ・スンウク 惚れたら終わりだぞ。この映画は、韓国版『薄氷の殺人』*1のような気がする。もちろんシチュエーションは異なるのだが、「容疑者の女を尾行する内に惹かれてしまった刑事が事件解決と同時に愛を失う」というストーリー展開と、ハー…

悲しみよこんにちは

1958|監督:オットー・プレミンジャー|35ミリ ラッキーナンバーは7と3。序盤の親子のいちゃつき具合が奇異に映る。パパは女好き、セシル(娘)はファザコン、というお互いを、理解し合っているからなのかな?と最初は思ったが、おそらくそれだけではない。…

マイ・インターン

2015|監督:ナンシー・マイヤーズ 高齢のインターンの佇まいが、女社長の心を開かせる。こういう映画を見る時、これまでは若者の心理に沿って見ていたのに、なんとなくシニア側で見るようになってしまっている自分に気づく。仕事を失って伴侶がいなくとも、…

世界で一番いとしい君へ

2014|監督;イ・ジェヨン 明るい家庭で育つ、難病の息子の幸せ。詳しい解説を事前に読むことなくとも、タイトルだけで、あぁこれはお涙頂戴映画だなぁと思ってしまう。涙を狙った映画には泣かないからね(キリッ)!と、いつも思ってるんだけど、韓国映画に…

僕らの青春白書

2014|監督:イ・ヨヌ 人を好きになるのに理由なんてない。そんなのは後から付け足すもの。長い片想いの中で、いわゆる「振り返り」はメインの活動と言っても過言ではないし、しかも、相手の視界にも入っていない時はストーカーにもなりかねない。メンヘラ上…

カリフォルニア・ドールズ

1981|監督:ロバート・アルゲリッチ 女子プロの頂点を目指すふたりと男性マネージャーのポンコツ3人組。彼女たちの成功を信じるマネージャー魂に涙…。ダイアモンドの原石を見つけたような喜びは何ものにも変えられない。また、それを感じ取った彼女たちも、…

非情城市

1989|監督:侯孝賢 どんな境遇であっても、生まれたからには生きるしかない。侯孝賢の作品を観ていて思うのは、「運命を受け入れる」ということである。今(現代)の日本は、ある程度自由に自分の考え持つことが許されているように思うから、ほとんどのこと…

初恋の来た道

2000|監督:チャン・イーモウ 好き、ってこういうこと。今更言うのも何だけど、チャン・ツィイー、最高。可愛すぎる! そして、純朴で情熱的な長い片想いと、結婚してからも変わらぬ気持ちをずっと持ち続けていたことに憧れる。好きな人の役に立ちたいとい…

風櫃(フンクイ)の少年

1983|監督:侯孝賢 居心地の悪い地元でくすぶっている少年たちが、ツテを頼りに都会に出て行く。大人達にブツブツ言われれば嫌な気持ちにもなる。だけど地元には心から信頼し合っている、何でも話せる仲間達がいる。仲間との絆の大切さをわかっている様子は…

哀しき獣

2010|監督:ナ・ホンジン 俺の女に手を出すな。ノワールは嫌いではないが、心が元気じゃない時に観るのはつらい。今は無理…という時は観ないようにしているので見逃すことも少なくないのだけど、何を隠そう私はキム・ユンソクの隠れファンなので(?隠れる…

黒衣の刺客

2015|監督:侯孝賢|台湾、中国、フランス その女人、刺客。日本語字幕が出ていても内容の理解は難しい。だが、圧倒的に映像が美しく、音楽も素晴らしいため、違和感なく集中してしまう映画である。侯孝賢の昔の作品を思い起こすと全然別物に感じるが、彼が…

リザとキツネと恋する死者たち

2014|監督:ウッイ・メーサーロシュ・カーロイ 外国人から見た日本ってPOP。幸薄そうなリザは、素敵な男性との出会いを夢見ているアラサー。普段は地味な彼女だけど、お洒落をすると、実は街の男たちが振り返るような清純派かわい子ちゃんなのだった。男た…

ファンドリー

2013|監督;ナグラージ・マンジュレ|マラーティ語 差別され、辱めにあい、からかわれた人間の、屈辱。社会の中で自分の存在価値を感じ、優越感に浸ることは人間にとって至福の瞬間とも言える。人より頭ひとつ出た感のある自分には自信が持てることだろう。…

ひつじ村の兄弟

2015|監督:グリームル・ハゥコーナルソン|アイスランド、デンマーク 兄弟の確執。40年も口をきかない理由は明らかにされなかったのだが、近しい人とのわだかまりに案外大した理由はないのかもしれない。序盤では理解し合えない兄弟の姿が描かれているが、…

馬々と人間たち

2013|監督:ベネディクト・エルリングソン 馬の瞳に映る世界。第三者として見ると、単純に「映像がキレイ!」と思ってしまうのだが、アイスランドは厳しい自然に囲まれている場所である。美しい女性も気が強く、たくましくないと生きていけない。男たちも自…

神様なんかくそくらえ

2014|監督:ジョシュア・サフディ ベニー・サフディ|アメリカ・フランス あなた以外は全部ゴミ。監督は男性だが、恐ろしくリアルに表現されている女性心理にちょっとおののく。(…と言っても特殊層の話なので、全ての女性が共感するとも思えないけど…)イ…

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。 昨年から始めたこのブログも、2年目に突入しました。 今年もよろしくお願いいたします。お正月と言えば、お正月映画を観に行く方も多いかと思いますが、 私は毎年のように駅伝にハマっております。 私はスポーツが苦手なの…

2015年 映画鑑賞のふりかえり

2015年の映画鑑賞にまつわるあれこれを、ざっくりと振り返ってみる。

靴職人と魔法のミシン

2014|監督:トム・マッカーシー

父の秘密

2012|監督:ミシェル・フランコ

ヘンゼルとグレーテル

2007|監督:イム・ピルソン

ミルカ

2013|監督:ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ|ヒンディー語

カーンチワラム サリーを織る人

2008年|監督:プリヤダルシャン|タミル語

シャモルおじさん 灯りを消す

2012|監督:シュモン・ゴーシュ|ベンガル語

ムアラフ 改心

2007|監督:ヤスミン・アフマド

アリスのままで

2014|監督:リチャード・グラッツァー

55年夫妻

1955|監督:グル・ダット

サイの季節

2012|監督:バフマン・ゴバディ|イラク・トルコ合作

創造と開花(その3)

陽山道

創造と開花(その2)

創造と開花(その1)