読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画祭

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(西欧編−2)

. 2016TIFFコンペティション部門の感想も、とうとう最終回です。ドイツからの作品は、クリス・クラウス監督のワールド・プレミア! 今回の感想はやや個人語りになりますが、予めご了承くださいませ。 『ブルーム・オヴ・イエスタディ』 ドイツ人が向き合う…

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(西欧編−1)

. 2016TIFFコンペティション部門の感想もいよいよ西欧編に突入です! ミュージシャンでもあるフランスのアメ・エクエ監督、これは音楽にも期待?!そして、イタリアのベテラン、ミケーレ・プラチド監督。イタリア映画も味のある、深い作品が多いのですよね……

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(北欧・東欧編−2)

. 北欧・東欧編第2弾です。 様々な国の映画が観たいと思っている私ですが、クロアチア映画を観るのは初めて。ハナ・ユシッチ監督はどんな風景を見せてくれるのでしょう。ロシア映画も観たことがあるような、ないような…アンナ・マティソン監督のインターナ…

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(北欧・東欧編−1)

. いよいよ、北欧・東欧編。できればまとめて載せたかったのですが、長くなりそうなので、二回に分けてお届けします。 個人的に、北欧・東欧系の映画の人間模様の描き方は興味深いと思っています。ルーマニアのアドリン・シタル監督、女性監督のアマンダ・…

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(アメリカ大陸編)

. アジア地域から離れると、ガラリと雰囲気が変わります。 古き良きアメリカな雰囲気を味わえそうなアダム・レオン監督の作品と、ブラジルのマルコ・ドゥトラ監督。ブラジルは前年度『ニーゼ』がグランプリ受賞しています。今年はどんな映画を魅せてくれる…

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(西アジア・東南アジア編)

. アジア映画好きの私にとって、この界隈の国の映画公開が決まったら、チケット入手にダッシュします。劇場公開されるかわからないから必死なのです。 近年のトルコ映画やイラン映画はクオリティが高くなってきているように思います。TIFF常連(?)、トル…

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(東アジア編)

. アジア映画好きの私にとっては外せない地域の作品です。 中国のメイ・フォン監督は長年ロウ・イエ監督(!)とタッグを組んできたベテラン、だけど監督デビュー作。 香港のロウ・シートウ監督はワールドプレミア!佃典彦さんの戯曲の映画化で、日本の物語…

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(日本編)

. 東京国際映画祭に通うようになって10年。 節目の年を記念して、今年はコンペティション部門の全作品を観てみることにしました。一応自称アジア映画ファン…なので、正直色々な国の全てのジャンルが得意なわけでもなく、きちんと理解できているかは不明です…

イタリア映画祭 2016

イタリア映画祭は、毎年ゴールデンウィークにあるので存在を忘れることはないけれど、行けないことが多い。(残念ながらだいたい他の予定が入ってしまう)けれども、1本でも良いから、細くとも長く参加していきたいと思っている映画祭である。何故そこまでこ…

創造と開花(その3)

陽山道

創造と開花(その2)

創造と開花(その1)

東京フィルメックス 2015

映画とティーチイン、どっちが大事?

東京国際映画祭 2015

作る人・選ぶ人・観る人

#1-5『三月六日』&more

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア シネマミュージアム ー秋の特別上映会

#1-4 『エミリー』&more

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア シネマミュージアム ー秋の特別上映会

#1-3 『ヘリウム』&more

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア シネマミュージアム ー秋の特別上映会

#1-2 『リッチーとの一日』&more

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア シネマミュージアム ー秋の特別上映会ー

#1-1 シネマミュージアム 2015

ショートショート フィルムフェスティバル&アジア シネマミュージアム ー秋の特別上映会ー