読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本映画

2016東京国際映画祭作品感想 「コンペ」(日本編)

. 東京国際映画祭に通うようになって10年。 節目の年を記念して、今年はコンペティション部門の全作品を観てみることにしました。一応自称アジア映画ファン…なので、正直色々な国の全てのジャンルが得意なわけでもなく、きちんと理解できているかは不明です…

100円の恋

2015|監督:武 正晴 ボクシングでは敗者だけど、恋愛では勝者かも。 30代の腐女子でニート…人生を捨ててるようにしか思えない救いようのない主人公が実家を追い出されるものの、何故か人生を立て直す。定収入のない人が賃貸アパートを借りられたり習い事が…

淵に立つ

2016|監督:深田晃司 ありがたい「平凡」の尊さは、崩れてみなければわからない。 工場兼自宅で自営業を営む男が、妻と子(娘)と共に平凡に暮らしている。そこへ古い知人が突如現れ、共に暮らすようになってから「平凡な幸せ」が崩れ出す…。この設定が『歓…

聖の青春

2016|監督:森義隆 プロとしての覚悟を決めた生き方。 プロというと、スゴいとかカッコいいとかやんややんやと騒がれるものだが、当人は驚くほど孤独なものである。プロになるためにどれだけのことを捨て、諦めてきたことか…凡人にはとても無理という世界が…

聲の形

2016|監督:山田尚子 障碍をもった同級生との出会い。障碍者のマイノリティ、いじめ、いじめた側の心の傷…盛り込まれたテーマのひとつひとつが重い。可愛い子をヒロインにするアニメだから良いのかもしれないし、こういうのをアニメでやらないでよという気…

永い言い訳

2016|監督:西川美和 大切な当たり前を、突然失ったら…突然の死。別れ。その受け止め方は、人によって違う。ガッツリ泣いて悲しむ人もいれば、何事もなかったかのように過ごしてしまう人も。私も若い頃に知人が突然亡くなったことがあるのだが、大変なショ…

歓待

2010|監督:深田晃司 ようこそ日本へ。さぁ、どうぞお上りください、自分家じゃないけど。日本映画には珍しい、独特のブラックコメディ。困った状況でも「みんなと同じでいい」と従ってしまったり、ええかっこしいを覆せなかったり、人の弱みを握りながら自…

私たちのハァハァ

2015|監督:松居大悟 大好きなバンドを追っかけて東京に行こうとする女子高生4人組のロードムービー。『リンダリンダリンダ』を彷彿させるような、この年代特有の弾け方やキラメキが溢れていて、鑑後感も悪くない。(リンダ…より、ぶつかり合い方が突っ込ん…

阿賀の記憶

2004|監督:佐藤 真 時間が過ぎるということ。過ぎていくということ。白くて眩しい光のトンネルを越えるような、山道を車で走る序盤の映像があまりにも美しい。天国に続く道のようで、ワクワクする景色。知っている顔が時々見える。ああ、阿賀のおじいちゃ…

阿賀に生きる

1992|監督:佐藤 真 新潟水俣病の人々が、どういう日常を過ごして生きているのか。水俣病にかかってしまった人々が、国に難病認定してもらうために訴訟を起こして戦う映画だと勝手に思っていたけれど、全然違った。ドキュメンタリーといえば、社会的弱者達…

禁忌

2014|監督:和島 香太郎

ほとりの朔子

2013|監督:深田 晃司|日本・アメリカ合作

欲動

2014|監督:杉野希妃

ルンタ

2015|監督:池谷薫

蛇イチゴ

2003|監督:西川美和

かぞくのくに

2012|監督:ヤン・ヨンヒ

夢売るふたり

2012|監督:西川美和